京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ


平成30年度通常総代会(平成29年度決算審議)開催される

平成30年度京都府建築工業協同組合通常総代会が5月25日(金)組合本部会議室で開催されました。議長には総代の辻万佐人氏を選出して、平成29年度の組合の事業報告・決算報告の審議がおこなわれました。議長の指名によって、竹内専務理事が事業報告書並びに決算書を説明し 満場一致拍手で承認されました。

  • 平成29年度決算審議総代会
  • 平成29年度決算審議総代会


2級建築施工管理技術検定試験のご案内 -主催(財)建設業振興基金-

申込期間 書面申込:7月6日(金)〜7月20日(金)※消印有効
インターネット申込:6月22日(金)〜7月20日(金)※インターネット申込は、再受験者のみ
試験日 学科・実地ともに11月11日(日)
試験地 大阪
申込書販売 近畿建設協会京滋支所 TEL075-452-2571 下京区西洞院塩小路下ル ハローワーク京都七条北側
受験資格 学科試験・実地試験それぞれ受験資格が設けられています。※案内書をご覧ください
受験料・申込方法・願書の入手方法
試験区分 受験料 申込方法 願書の入手方法
学科試験のみ 4,700円 書面申込 願書代…300円 販売期間…6/22〜7/20
学科・実地試験 9,400円 ・インターネット申込
(再受験者のみ)
・書面申込
インターネット申込:事前に願書を購入する必要なし
書面申込:願書代…1部600円
販売期間:窓口での購入…6/22〜7/20
インターネットでの購入:6/22 9:00〜7/13 正午
実地試験のみ 4,700円
◎詳細・案内書の請求は、所属各支部または本部事務局まで

 


建設国保 平成30年度 人間ドック(指定病院)のご案内

建設国保では、医療機関との契約で国保組合員割引料金を設定した人間ドック指定病院一覧表を各支部にご用意しています。受診をご希望の方は各支部へお問い合わせください。人間ドックはあらかじめ病院への予約が必要です。(人間ドックと、集団健康診断は別のものですのでご注意ください)

【39歳以下の被保険者の場合】
対象病院の国保組合員割引料金に、さらに国保組合から7,000円の補助金が給付されます。(但し、7,000円の補助金は、人間ドック受診後、領収書を各支部に提出してご請求ください)

【40歳以上の特定健診受診対象者の場合】
対象病院での人間ドック受診当日に特定健診受診券と健康保険被保険者証を窓口に提出することで、国保組合員割引料金から更に7,020円が差し引かれます。(忘れると全額負担となります)



交通災害審査会

6月の取り扱い事故件数 3件です。



レクリェーション大会「リトルワールド」にて開催される

今年のレクリェーション大会は6月3日(日)リトルワールドで開催され、夏を思わせる様な好天に恵まれて、約180名の組合員が参加しました。リトルワールドは、園内の周遊路に世界の民家が移築・復元されており、とても見応えがありました。当日はロシアサーカスや古代インカ帝国のお祭りなどのイベントが開催されていて、子供も大人も楽しめました。そして、食事は世界のグルメを食べ歩く方もレストランでゆっくり食事をされる方も、銘々に満喫されました。世界のスウィーツフェアも甘党には、嬉しいものでした。今回参加されなかった皆さんも是非次回はご参加ください。

  • 平成30年度レクリェーション大会
  • 平成30年度レクリェーション大会


全建連 〜3つの保険が一度に入れる〜 総合補償制度のお知らせ

建設業者向け専用の保険で、建築工事・内装、リフォーム工事など様々な工事に対応しています。

第三者賠償補償制度
(請負・生産物・施設賠償責任保険)
資材が落下して通行人にケガをさせたり、工作機械の操作を誤り、近隣の壁を損壊させたりと、加入者に損害賠償責任が生じた場合、被害者に対して支払われる
傷害総合補償制度
(事業活動総合保険
(傷害プラン))
補償の対象となる方が業務中に死亡やケガ等を被った場合に、貴社が支払う補償金や費用に対して、政府労災の認定に関係なく支払われる
工事補償制度
(建設工事保険)
火災・台風・作業ミスなど、工事期間中に工事現場で、偶然な事故により工事対象物などに生じた傷害が補償される

保険契約者 (一社)全国中小建築工事業団体連合会(全建連)
加入対象者 全建連会員団体に所属されている工務店の皆様
保険期間 2018年8月1日午後4時から2019年8月1日午後4時まで1年間
申込・払込締切日 2018年7月13日(金)
中途加入 毎月受付



リスクを知って 防ごう熱中症 〜暑くなる前に備えましょう!〜

いよいよ夏本番を目前にして蒸し暑い日が続きますが、熱中症による死亡災害は、7月と8月で約9割を占め、その他の月では、湿気の多い6月や9月にも多発しているそうです。
蒸し暑い中で、体温が上がりはじめても無理をして作業を続けていると、そのうちに暑さの感覚が麻痺したり、意識が薄れたりして、体を守るための適切な判断や行動ができなくなり、熱中症を発症します。重篤な災害を防ぐためにも、熱中症予防や救急処置などの知識をぜひ高めて下さい。熱中症予防対策パンフレットがありますので、詳細は各支部にお問い合わせください。



土佐材セミナー開催のお知らせ

高知県産の木材を使用し、高知県以外で木造住宅あるいは木造施設を建築した場合、その使用材積などに応じて、高知県から補助金がでる制度があります。
今回は、そのセミナーが開催されます。開催日時・場所は下記の通りです。
申込用紙やパンフレットの請求は各支部もしくは本部事務局にお問い合わせください

日時 平成30年6月14日(木) 14:00〜16:30
場所 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 2階セミナー室A
(中京区東洞院六角下ル東側)


ページトップ